PROFILE

中学生の頃からバンド活動を開始。18歳でバンドが解散してからも、地元・山口の地下道でギターの弾き語りを行う。
唄い手になる夢を貫き続け、地元テレビ局のボーカルオーディションに参加し優勝。
その際にたまたま現地に来ていたレコード会社プロデューサーの目に留まり上京。

2001年9月27日、EXILEのボーカルSHUNとしてデビュー。
並行して、2005年1月19日、シングル「いつか…」でソロ活動をスタート。
2006年3月29日、EXILEを正式に脱退し、「唄い屋・清木場俊介」として本格的にソロ活動を開始する。

同時期よりライヴ活動も精力的に展開し、現在までにライブハウスやホールなど多種多様な会場やライヴ形態で勢力的に全国ツアーを行い、
その「唄」に多くの人が虜になる。
また、音楽活動の傍ら、2004年・2005年・2008年・2010年と創りためていた詩や書などを作品集や個展という形で発表し、
音楽だけにとどまらないマルチ・アーティストとしての才能も開花させている。
2014年はソロデビュー10周年の節目を迎え、
「唄い屋・BEST Vol.1」を発売、オリコンウィークリー初登場5位(ソロキャリア最高同位)を記録した。

2015年、3月よりライブハウスツアー「LIVE HOUSE TOUR 2015 "ROOTS"」を敢行。
9月にはアルバム「FACT」をリリース。
10月からは所属事務所を移籍し、心機一転挑んだ全国ツアー「ROCK&SOUL 2015 “FACT”」を敢行し、観客を大いに沸かせた。

2016年2月に東京と大阪で、女性限定のライヴ「ROCK FOR WOMAN」を開催。
「SUMMER SONIC 2016」「情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA '16」東京・大阪の夏フェスへの出演、9月に行なわれたEXILE ATSUSHIの東京ドーム公演にもサプライズゲストとして出演。
6月から9月まで、38 都市41 公演にも及ぶ清木場自身最大規模のライブハウスツアー「LIVE HOUSE TOUR 『RUSH』」を見事完遂!
12月には新曲「友へ」を配信リリース、「CHRISTMAS CONCERT 2016 “WHITE ROCK Ⅲ”」を東京・大阪で敢行し、ライヴ三昧の一年を締めくくった。